どろあそび。

ukanyan.com

自撮りにも使える!スマホカメラの可能性を広げるAUKEYのスマホレンズPL-A3レビュー

calendar

スマホアクセサリーを展開しているAUKEY様より、スマホレンズのPL-A3を提供いただいたのでレビューいたします。

これはスマホにもともとついているカメラの上に被せるようにして使う製品で、最近の高性能なスマホカメラの可能性をさらに広げるものです。

スポンサーリンク

開封

DSC02004

製品はこんな感じの箱で着弾。開封していきます。

DSC02010

内容物一覧。

  • 広角レンズ
  • マクロレンズ
  • 魚眼レンズ
  • 取り付けアタッチメント
  • 収納ケース
  • 持ち運びポーチ
  • カラビナ
  • クリーニングクロス

以上がセットになっています。尚、マクロレンズは広角レンズと一体になっています。

DSC02011

レンズ。左が広角、マクロレンズで右が魚眼レンズです。マクロレンズは広角レンズをペットボトルの蓋を開けるようにくるくると回すと現れる仕組み。

DSC02012 DSC02013

アタッチメントを使って手持ちのXperia XZに取り付けてみたところ。スマホ用ということでコンパクトではありますが、2センチほど出っ張るのでこのままポケットに入れるのは難しそう。
お出かけの時はポーチに広角レンズをとりつけたアタッチメントを左ポケットに、右にスマホを入れて使うときのみさっととりつけるといった使い方をしています。アタッチメントがクリップ式なので簡単に取り付けられるのがいいですね。

作例

広角レンズ

DSC_0406 DSC_0405

上がスマホのカメラのみ、下が広角レンズを使って撮った写真。

広角レンズを使うことによって上の写真では写っていない、会場側面の方までかなり広く写っていることがわかります。

DSC_0434DSC_0435

高山の街並みを広角レンズで撮ってみたところ。

DSC_0431 DSC_0430

下呂の街を広角レンズで撮ってみたところ。いずれも通常よりも広い範囲が写っていることがわかると思います。
一方で若干魚眼のような歪みが出たり、端が黒くなってしまうのは仕方がないかもしれませんね。

またこの広角レンズの使い方でおすすめしたいのが自撮りをするときの使用。大人数で撮影をするときはもちろん、1人や少人数で自撮りをするときも後ろの景色が広く撮れるため、旅行先の思い出としての撮影などにかなり使えると感じました。(SNSとか見てて、自撮り載せてても人間ばっかでどこに行ったのかとかわからない写真って結構あるし…)

実際に自撮りをよく行う人に貸してみたところかなり好評で、自撮りをする人にはこれだけでも買う価値があるのかもしれません。また、スマホのインカメラはメインカメラよりもレンズが小さいことが多いため、自撮りで使用する場合ほとんどのスマートフォンで端が黒くなる現象は発生しないことが確認できました。

マクロレンズ

DSC_0415 DSC_0414 DSC_0433 DSC_0432

マクロレンズで撮影してみたところ。このレンズを使うと被写体まで約2センチのところまで寄ることができます。

植物の花や葉の細かい部分はもちろん、ごはんが見えなくなるほどのいくら丼のいくらもこんなに近くで撮影することができます。余談ですが、ごはんに対していくらを盛りすぎたせいでこのあと気持ち悪くなりました。

魚眼レンズ

DSC_0417 DSC_0416

うちのうさぎさんを魚眼レンズで撮ってみたところ。ごはん中に見えますが、餌箱の上で寝てます。鼻が大きく写るので主に動物向けといったところでしょうか。


作例をいくつか紹介してみましたが、実際に使ってみて特に広角は使える場面が多く、なかなかおもしろい製品だと感じました。上でも書いた通り、自撮りをよくする人にはかなり便利な製品かもしれません。

今回紹介した「PL-A3」はAmazonで1500円程度で購入可能。安価なのでとりあえず試してみる気持ちで使ってみると案外おもしろいかもしれません。

この記事を共有する

おすすめ記事

この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す