どろあそび。

ZenFone3を3週間ぐらい使ってみた感想です

time 2017/01/15

ASUSのZenTour年末年始大感謝祭でいただいたZenFone3をいただいております。前回は開封、外観レビューをしましたが、今回は3週間使ってみた感想をまとめてみたいと思います。

sponsored link

高い質感・高い精度の指紋認証を備えたハードウェア

dsc01696_edited

外観のデザインについては前回の記事でまとめた通り。
ASUS ZenFone3開封&ファーストインプレッション | どろあそび。

同心円デザインと2.5Dのガラスを組み合わせた背面や、ダイヤモンドカットを用いたフレームの処理はそれぞれ部分的に見れば質感の高さを感じられますが、ボタンやフレームのシルバーがすこしくどいような印象を受けます。

dsc01636_edited

背面に備えた指紋センサーは認証速度は他社のモデルと比べて特別速いわけではないものの、精度の高さが感じられました。特に手が少し濡れているような場面でも認識の精度が高く、濡れた場合の精度は自分が現在メインで使用しているXperia XZよりもはるかに高いと感じました。

一方で、他社のモデルはほとんどが押し込み式のボタンになっている場合が多いのですが、ZenFone3は完全なタッチセンサー。端末を入れたポケットに手を入れただけで、意図せずロック解除されてしまい、そのまま誤動作しているような場面が多くありました。
個人的には、指紋センサーに指を当てた状態で電源ボタンを押した場合のみロックを解除するといったような設定がほしいところです。

ハードウェアの面でもう一つ気になったのが、画面とフロントのタッチセンサーの配置のバランス。Xperia XZと比較するとわかりやすいですが、縦の長さと上下のベゼルの面積はほぼ同じバランスで配置されていますが、ZenFone3は下部のベゼル部分にタッチセンサーが搭載されています。このバランスが絶妙に使いにくく、特に片手で使ったときに反対側のボタン(右手なら戻るボタン)に指が届きにくい印象。

また、画面内にナビゲーションバーが表示されないため、画面下部表示されるキーボードなどが全体的に下に寄って表示されることとなり、文字入力で誤入力してしまう場面が多くあり、3週間使った今でもなかなか慣れません。この機種にプリインストールされているIMEのATOKも上と左右のラインしかサイズ調整ができないため、かなり不便に感じています。

カメラは夜景に強いが景色に弱い

P_20161220_175901_vHDR_AutoP_20170111_180945_vHDR_Auto

この端末を手にしてからいろいろ写真を撮りましたが、意外に強いのがイルミネーションなどの撮影。クリスマスシーズンだったこともあり、何回か撮影をしてみましたが、コントラストが強く、イルミネーションは発色よく、影の部分はしっかり黒く落とし込まれたようなくっきりした写真が取れました。
一方で、暗い部分は黒く潰れ気味に写るので、2枚目のように建物を撮影したりする建物のディテールは写しきれない印象です。

P_20170112_183119_vHDR_Auto P_20170112_210900_vHDR_Auto

次にみんな大好きごはんのお写真。1枚目の焼肉は赤がきれいに出ておいしそうに見えます。一方で2枚目のマンゴーヨーグルトスムージーは発色が悪くおいしそうといった感じではありません(本当はもう少し濃い黄色でした)。場面によって結構差が出る印象です。
ZenTour会場でも指摘されていましたが、やはり料理モードを搭載してほしいですね…

P_20170102_143648_vHDR_Auto P_20161225_171827_vHDR_Auto

次に景色。こちらも悪いといったことはないですが、実際に見た景色に比べて特に空の色が薄めに写っている印象でした。2枚目の夕方の写真では写真上半分にノイズも目立ち、薄暗い景色などは苦手かもしれません。

カメラのことでもう一つ気になったのがフォーカス音の大きさ。シャッター音は常識的な音量にも関わらず、フォーカス音が異常に大きく、静かな飲食店などでは使うことがほぼ不可能なレベルでうるさい。これはすぐにでも改善してほしいですね。


格安スマホでありながらも基本的に動作はサクサクで快適に使えるZenFone3。端末の部分部分の質感やソフトウェアなども工夫されていますが、もう少し改善がほしいと思う部分もありました。

フィードバックにはできる限り迅速に対応することに自信を持っていましたし、個人的にはひとまず指紋認証をホームボタン押したときのみロック解除するような設定に対応してほしいところです。

 

sponsored link
ad2

この記事を共有する

関連記事

このブログを購読する


この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

カテゴリー

このブログを購読する



sponsored link

アーカイブ