どろあそび。

ASUS ZenFone3開封&ファーストインプレッション

time 2016/12/28

ASUSのZenTour年末年始大感謝祭でありがたくいただいたZenFone3をありがたくレビューしていきます。

ZenTourイベントレポートはこちら
プレゼントいっぱい!ASUSのZenTour年末年始大感謝祭に参加してきました。 | どろあそび。

sponsored link

ZenFone3、開封

dsc01631_edited早速開封していきます。箱は艶のない黒に金の箔押し。質感は高いです。特に自分で開封する機会の多いSIMフリースマートフォンでは箱は特に気になる部分ですし、箱はある程度高級感があるといいですね。dsc01633_edited端末とご対面。dsc01634_edited画面側にはタッチセンサー式のボタン。2.5D形状のガラスが滑らかにフレームまでつながるデザイン。dsc01635_edited

dsc01636_edited裏面。中央のラインにはカメラとタッチセンサー。光に当たるとうっすら青みを帯びるサファイアブラック、2.5Dガラスと特徴的な同心円の処理がいい感じ。dsc01637_editedフレームは本物のダイヤモンドを加工するときと同じ手法を用いた処理。きれいな銀色に輝いています。dsc01696_edited右側面には音量ボタンと電源ボタン。ボタンは金属調の質感で、背面と同じく同心円のデザインがされています。dsc01694_edited本体下部にはスピーカーとUSB typeC端子。

デザインの感想としては、ガラスをや同心円、ダイヤモンドカットの処理などで、部分部分での質感は高さは十分な印。
一方で黒のボディに対してフレーム、ボタン、カメラ周りやロゴなど、シルバーの部分が多すぎてまとまりが無い感じがします。

例えるなら、田舎のヤンキーが乗っているメッキパーツだらけの古いセルシオのようなイメージ(?)最近だとメッキパーツだらけのプリウスの方がわかりやすいでしょうか(そうではない)

ともかく、シルバーの部分が多すぎてギラギラした印象のため、シルバーはもう少しほどほどにして、フレームなどは同色にしておいた方がまとまるんじゃないかなあ…と。質感は高いだけに惜しい感じです。dsc01698付属品のみなさん。ACアダプター、USB type Cケーブル、イヤホン、ユーザーマニュアルなど、一通り揃っています。USB type Cが普及していない中でケーブル付属はうれしいですね。(というか付属してないXperia XZがクソ)dsc01699SIMピンもロゴ入りのものがちゃんと付属。どうでもいいけどユーザーマニュアルの入れ物が折れ曲がってました。
ユーザーマニュアルの梱包や付属品のしきりなども黒で統一されており、端末本体よりもまとまりを感じました。

なんだか本体の外観レビューだけで終わってしまったので、次回はZenMotionとかカメラとかレビューできたらいいですね。できたら。

sponsored link
ad2

この記事を共有する

関連記事

このブログを購読する


この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

カテゴリー

このブログを購読する



sponsored link

アーカイブ