どろあそび。

Xperia X Performance アンバサダーミーティングに来ています #Xperiaアンバサダー

time 2016/06/08

Xperiaアンバサダーミーティングに来ています。今回は前回、前々回に続き3回目の参加。

貸出機のXperia XPを触りながら魅力をじっくり聞けるチャンスなので、楽しみです。

この記事はイベント中に随時更新していく予定です。

sponsored link

イベント開始!のその前に…

ソニーモバイルの金で飯だ!

lrg_dsc09131.jpg

いきなり飯レポートです()今回はステーキ弁当をいただいております。ごちそうさまです。

今回の戦利品

dsc09128.jpg

Xperia XP実機とXロゴの入ったTシャツ。黒基調にXが印刷されていままでのグレー貴重のデザインよりもかっこよくなった印象です。

今年からの新ブランディングとのこと。

Xperia X Performance

dsc09132.jpg dsc09133.jpg dsc09134.jpg

Xperiaは新しいシリーズへ。

XperiaはZからXの新しいシリーズへ。

 

新シリーズは人の生活にフィットするUnified Design。

手になじむサイズを世界中で調査し、ガラス、背面パネルに絶妙なラウンド。カラーはライム、ローズ二つのゴールドを新しく採用。

背面パネルが分割されているのは日本モデルだけですが、参加者から黒と白の樹脂部分の処理が金属部分と異なりとってつけたように見えるとも指摘を受けてましたね。確かに少し気になる部分です。

dsc09152.jpg

本体とUIを含めてひとつのデザインに。背景のデザインはオーストラリアのデザイナーが担当したようです。

このロック画面と背景の組み合わせ自分でも気に入っているポイントです。

カメラ面では高速化し、先読みオートフォーカスを新たに搭載。

フロントカメラは13MPの物を新たに搭載。少し使ってみた感じ、従来機種よりもかなりよくなった印象を受けました。

スワイプで前後カメラ切り替えられるのも地味に便利でうれしいです。

ディスプレイは視野角が広くなりより最適なコントラストのチューニングに。

Z5とXPでの実機比較で確認したところ、確かに視野角とコントラストは改善されているものの、2.5Dガラスとボディ同色のベゼルのせいで綺麗さを引き出せてないような気もしました。

ブラビアのようにフラットで黒色の1枚板の方が黒背景の画像を中心に美しく「見える」ように感じました。

 

ZからXシリーズになったXperia。これから3週間使うのが楽しみです。

sponsored link
ad2

この記事を共有する

関連記事

このブログを購読する


この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

カテゴリー

このブログを購読する



sponsored link

アーカイブ