どろあそび。

ルンバ885長期レビュー:3ヶ月使ってみてわかったこと

time 2016/05/15

ルンバのアンバサダー企画でルンバ885をお借りしました。我が家で3ヶ月間活躍してくれたルンバのいいところと悪いところをまとめていきます。

DSC09132

sponsored link

いいところ

毎日勝手に掃除してくれる

当たり前ですが、ロボット掃除機なのでスイッチを入れれば勝手に部屋中を掃除してくれます。

それだけだとスイッチを入れる手間が伴ってしまいますが、スケジュール機能がついているため設定した曜日・時間に勝手に起動して勝手に掃除してくれます。
毎日忙しくても帰ってきたら床が綺麗になっているのはうれしいところ。

意外にしっかり掃除してくれる

正直ルンバの清掃能力にはあまり期待してなかった、というよりはちょっとした埃やゴミなどを取り除いておいてくれる程度にしか思っていなかったのですが使用後は意外に綺麗になりました。
フローリングの床もぱっと見では普通の掃除機をかけた後と変わらないぐらい艶が出ていました。

パワーがあるためカーペットや部屋の間のちょっとした段差ぐらいなら軽く越えていくれました。
センサーで壁や床に置いてある物の前では減速するため、全力で突撃して傷ついたりすることもないので安心です。

バーチャルウォールで侵入禁止区域を作れる

床に全く物がない家庭もなかなか無いと思いますが、そんなときに助かるのがバーチャルウォール機能です。

「ここから先は子供が寝ているスペースだから…」とか、「家族と喧嘩して腹立つからあいつの部屋には行けないようにしてやろう…」といった地味な嫌がらせをしたり、「ベッドの下はルンバにもちょっと入られたくない…」などといった場合に役立ちます。

別に自分のベッドの下に見られると困るものがあるわけではないですよ?ほんとだよ…?

床を綺麗に保つよう心掛けるようになる

ルンバが掃除できるようにするために掃除をするようになります。なったらしいです。(うちの母親は)
ルンバとはもうお別れなのでこれからまた元の汚い家になっていってしまうのでしょうか…。

かわいい

かわいいです。まるでペットのよう。うちの親はうさぎよりかわいいとか言ってましたし、うさぎと一緒に遊んでる光景は微笑ましかったです。

wp-1463309243751.jpg

主婦の機嫌がよくなる

何もしなくても綺麗になるわ、ルンバのために片付けもするから部屋はさらに綺麗になるわで主婦の機嫌もよくなります。
いつも肩身の狭い思いをしている父親は綺麗になった部屋で物理的にも精神的にも安心してダラダラしていました。
7万円で奥さんの機嫌を取れると考えたら悪くないですよ。僕は奥さんどころか彼女できる気配もないのでどうでもいいです。

悪いところ

うるさい

動作音は結構うるさいです。そのためうちのうさぎさんも最初はルンバが動く度ブチぎれていました(慣れるにつれて一緒に遊ぶようになりましたが)
そのため小さな子供がいる家庭などではちょっと使いにくいかも。

狭いところに入れない

ルンバの本体サイズは約40cmと結構大きめ。そのため、テーブルやイスの下など普通の掃除機では余裕で掃除できるところも入れない場合があります。
さすがに5cmの隙間を掃除してほしいという、無茶な要求はしませんが、もう少し本体サイズを抑えてほしいところ。

価格が高い

便利ですが、実売価格が7万円前後であることを考えると少し手が出しにくいところ。
ルンバがあってもどっちみち完璧ではなく、週1回程度は自分の手で掃除機をかけることは必要となってくることを考えるとルンバを買う前に同じ価格帯のダイソンの掃除機の最上位モデルでも買ったほうがいいのではないか…とも考えてしまいます。


ルンバは母親にとってかなり助かる存在だったようで、確かに便利だとは感じました。

一方でやや不満な部分もあったり、価格のことまで考えると実際に購入するのはちょっと躊躇います。あくまでも補助的な存在であるため高額だと手を出しにくいと感じました。

 

sponsored link
ad1

この記事を共有する

関連記事

このブログを購読する


この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

カテゴリー

このブログを購読する



sponsored link

アーカイブ