どろあそび。

名古屋開催「Xperia Z4、A4タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加してきた!

time 2015/07/11

 



最新のXperiaに触れて、開発担当者から直接話を聞けるXperiaアンバサダーミーティング。

今まで東京でしか開催されていませんでしたが、今回念願の名古屋でも開催されるということで参加してきました
(つか定員30人しかないし当たらんやろと思って応募したらなんか当たった)

いきなりのプレゼント!

会場に入ったらいきなり手渡されたこの袋。

中には…

今回のイベントの目玉、Xperia Z4と…

 

SmsrtWatch3が入っていました。

今回のイベントではXperia Z4はauモデルとソフトバンクモデルが貸し出されていましたが、私はauモデルの白でした(本当のこと言うとアクアグリーン欲しかった感は否めない)

ソニー開発者担当によるプレゼンテーション

 

 

 

 

Xperiaは2014年、Android国内シェアNo.1だったそうです
あくまでAndroidなのであちら(意味深)(まぁiPhoneやろ)は除いてですね。

そしてXperia Z3がソフトバンクユーザーのスマホ満足度No.1だったそうです。
こちらはあちら(意味深)も含めてとのことなので正真正銘No.1ですね。

Z4には次世代の64bitオクタコアCPU搭載。
いろいろとホット(意味深)(話題的にも物理的もってところですかね)なアレとのこと。察してくれとのことでしょうw

処理能力は飛躍的に向上とのこと。こちらは会場で軽く触っただけでも十分実感できました。

Wi-Fi、モバイルネットワークともに通信速度も飛躍的に向上。

 

 

続いてデザイン。何枚かスライドがありましたが、こちらは撮影禁止でした。

カッパーには色気と華やかさを、アクアグリーンは透明感を加えた色とのこと。
Z3のミントグリーンも好きですが、Z4のアクアグリーンはさらに好みの色です。
個人的にはZ2まで存在したパープルカラーも復活してほしいところ。

また、側面の金属フレームにおいて高い輝度を再現するのにかなり苦労したとのこと。
Z3よりも光沢感のあるフレームは賛否両論あるようですが、個人的には好きですね。写真で見たときはメッキのようなチープな印象でしたが、実物を見ると華やかな印象もあっていい感じです。

フレーム四隅の樹脂パーツの説明。金属調の加工の上からさらに透明のパーツを重ねているそうです。ここは他社には真似できないだろうとかなり自信の部分みたいですね。
Z3ではこの部分は少しくすんだような印象でしたが、Z4では奥行と光沢感があっていいアクセントになってると思います。

Xperia Zシリーズ初のキャップレス防水。USBとSIMスロットを一つにし、キャップは一つだけになりました。
acro HDではキャップが5つもあったことを考えるとかなり進歩したように感じます。
将来的にはキャップを完全になくした機種を作りたいとのこと。

Z3に比べ寸法は少しだけ小さく、薄く。重量も8g軽くなりました。
従来カメラのガラスは別でしたが、今回背面パネルと一体化し1枚のガラスで構成されてます。

フロントカメラは料理を認識して最適な画質で取れるように。

 

 

液晶側フロントカメラには510万画素、そして広角25mmのレンズ。さらにプレミアムおまかせオート。

 

 

顔認識でエフェクトをかける新機能も。

自撮りに関する部分がかなり強化されており、女性にはうれしいかもしれませんね。

オーディオ面ではついにLDACに対応

ワイヤレスでも高音質で音楽が楽しめます。

接続されたヘッドホンに対して音質を最適化する機能も。今回はソニー製ヘッドホン以外ににも対応します。

ソニーの専用ノイズキャンセリングイヤホンを使うことによってバイノーラル録音も可能。
これ、実際試してみましたがめちゃくちゃすごいです。後日実際に撮った動画も載せますね。

続いてディスプレイ。従来よりも色域が広くなったようです。

 

X-Realityで解像度の低い動画も綺麗に再現。

屋外でも見やすい液晶。ただ明るくするだけではなく、色の調整なども行うことによって消費電力も抑えているみたいです。

 

ディスプレイにメモリを内蔵し省電力化。

水にぬれても誤作動しにくいタッチパネルに。
指の静電容量と水の静電容量を判別し誤作動しにくくなっているとのことです。(ちゃんと覚えて無いから合ってるか自信ない)

薄型、軽量化のため少しだけ小さくなったバッテリーをバッテリーマネジメントでカバー。

SUTAMINAモード。LINE(ゲフン)今の無し。緑色のメッセンジャーアプリも動作制限すれば3日持つとのこと。

QWERTYキーでもフリックを割り当てることにより、切り替えなく大文字や数字、記号が入力できるようになりました。
これは結構うれしい進化かも。

 

BDレコーダーやPS4との連携も強化。

ここからはSmartWatch3の話題。

 

 

 

 

このナビ関係は使うのが楽しみ。

 

まぁそんな感じです。(書くの疲れた)

 

音声認識もできるBluetoothスピーカー。
こちらも実際に使った動画を撮ってきたので後ほど紹介。

今回のイベントではXperia Z4を中心に開発者の話も混ぜながら詳しく紹介していただきました。
イベント参加前は正直、Z3との進化した面がわかりにくかったのですが、今日イベントで意外といろいろ進化していたんだなあと感じました。

ていうか開発者の苦労話とか熱意とかも聞くと今までと見方がかわってしまいますねw

お借りした端末はこれから使い倒して紹介していこうかなと思います、

この記事を共有する

関連記事

このブログを購読する


この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

カテゴリー

このブログを購読する



sponsored link

アーカイブ