どろあそび。

Xperia Z1fをA2化して国内機能が使えるAndroid4.4.2を導入してみた

time 2014/06/22

Xperia Z1fでAndroid4.4の未来へ行こう!
しかも国内機能が使えるぞ!

てことでZ1fをrootedなkkにしていきます。
まずはこちらをご覧ください

SO-04Fとあるな??

てことで今回はXperia A2(SO-04F)のftfを使用した方法になります。

arcにarcSのROMが焼けるように、これもいけるんじゃないかとは思っていましたが本当に焼けちゃいましたね。
国内向け端末のROMなので国内機能やNFCも使えますよ。

ちなみにこの方法、SO-04Fでも全く同じ方法が使えるはずなのでSO-04Froot化したい方は参考にどうぞ

てかこれもしかしてZ1compact(D5503)のカスタムROMにA2のカーネルだけ焼けばNFCの使えるんじゃ…
てことはNFC対応のromaurとか行けるのかな、妄想だけど…(未検証)

メーカー・キャリアの保障対象外になる行為です。
自己責任でお願いします。故障など起こっても私は一切の責任を負いません。

用意するもの
(クリックでリンク先に飛びます)

flashtool(v0.9.16.0以降)
Xperia A2 SO-04Fのftf
Z1C-lockeddualrecovery2.7.125-BETA.installer.zip
tr.apk
EasyRootTool v3.zip

tr.apkは”入”を右クリック→リンク先を保存でダウンロードできます

手順

1.flashtoolでftfを焼く

v0.9.16.0以降じゃないと焼けません(古いバージョン使って焼けないと嘆いてたやつがここにいる)
チェック欄は特に変更しなくて大丈夫です
wipeしなくても行けるかもしれませんが未検証です

2.root取得

まず以下の方法でUSBデバッグを有効にします
設定>端末情報>ビルド番号連打>開発者になりました!の表示が出る
設定>開発者オプション>USBデバッグにチェック

EasyRootTool v3.zipを展開して出てきたfileのフォルダにtr.apkをコピー
端末をPCに接続しinstall.batを実行

playストアでSuperSUをインストール
アプリ開いてバイナリをアップデート>端末再起動

3.リカバリーのインストール

Z1C-lockeddualrecovery2.7.125-BETA.installer.zipを展開
端末をPCに接続し、install.bat実行

SONYロゴが出ている時にvol↑でPhilz Touch、↓でTRWPが起動します

おわり!!

ftf焼いてツール実行するだけなので簡単でしたね。

ちょっと使った感じですが、動作は快適で、国内機能もワンセグは動作確認しましたし、NFCも使えているので問題なさそうです。

ですが、POBoxがめちゃくちゃ使いにくくなってるので何とかしたいですね。

とりあえずこれでメインにはなれそうです。


sponsored link
ad1

この記事を共有する

関連記事

このブログを購読する


この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

カテゴリー

このブログを購読する



sponsored link

アーカイブ