どろあそび。

Xperia Z SO-02Eにrootedで動作改善済な4.4.2(kitkat)ROMを焼いてみた

time 2014/05/30




この前kitkatな標準ROM焼いたばっかだけどrootedなやつ来てたから焼きなおすぜ!


なんか最近全然弄ってなかったんですが、この前kk焼いてからZに愛情が戻ってきましてね。
てことで前回の記事で標準kkを焼き焼きしましたがもっかい焼きます。

本内容を行うことで保障対象外になることがあります
自己責任でお願いします

2015/5/25 SO-02EがAndroid5.0になったぞ↓
http://log-dro.blogspot.com/2015/05/xperia-zandroid-50lollipop.html

2014/9/11に配信されたdocomo公式4.4.2の記事はこちら↓

Xperia Zがドコモ公式4.4.2に。root取得、CWM導入まで完了。


その他関連記事

Xperia Z SO-02EにAndroid4.4.2(kitkat)が来たので導入してみた

Xperia Z1fをA2化して国内機能が使えるAndroid4.4.2を導入してみた


質問したい人はまずこれを読もう

記事見てくれるのは嬉しいし質問するのもいいんだけどさ…




今回のROMで変わること

・rootedになる
・deodexed化
・カスタムリカバリー導入済み
・動作改善

特に動作改善。これがすごいです。
実はこの前焼いたのも若干ラグが出ていたりしたんですが、再起動するたびにそれも減っていたのでそのうち治るだろうと鼻ほじってたんです。



ROMのダウンロードはこちら
Stock_Rooted_Deodexed_4.4.2_XZ.zip
SuperSU Fix
前回はftfファイルでしたが今回はzipファイルです

6/22 追記
stripped kernelのリンクを張るのを忘れていました
C6603_230_NCB 4.4.2 STRIPPED.ftfでググれば出てくると思います。
ご指摘ありがとうございました。

記事長くなるけどよろしく。

前回の記事見てCWM?何それとか、NFCは使えんくなるの?とか言ってた人もいたみたいなので頑張って書いたよ!
わからないことはコメントかtwitterでリプくれれば多少は答えるよ!

すでにCWM入ってればROMのバージョン関係なく1.2.の手順はすっ飛ばしていいからね。
【手順】
1.JB4.2.2 10.3.1.B.0.256の導入
 
flashtoolで導入します特に注意する点がはありません。
ftfはこちら flashtoolはこちら。最新版は0.9.16.0です(2014/5/24現在)

※既にカスタムリカバリーが導入されている場合はバージョンに関わらず飛ばして大丈夫です。

2.root・CWM 導入
root取得ツールはこちら
ツール使用にあたって注意する点は特にありませんが、android SDKの導入が必要です
(ここまで書くと長くなるのでその辺はググって)
導入に成功するとドロワーにsuperSUのアプリがあるはずです。
コマンドプロントで
adb shell
su
で端末側にスーパーユーザーのリクエストが出れば成功です。
次にCWMの導入です
ツールダウンロードはこちら
こちらもrootが取れていれば特に注意する点はありません。
fix_charger_for_Z.zipの導入とありますが今回はこの後初期化するのでこの手順は飛ばしていきます。

【7/23追記】飛ばすと電源OFFでの充電ができなくなるかもしれません。
ここでfix_charger_for_Z.zip導入すると電源OFFのまま充電できるかもしれません(未検証)
fix_charger_for_Z.zipはこちら。

電源オン→SONYロゴのところでボリュームダウンを数回押すとCWMに入れます
必要であればこの時点でバックアップを取っておきましょう

3.導入
・最初にダウンロードしたStock_Rooted_Deodexed_4.4.2_XZ.zipとSuperSU Fixを内部ストレージ直下にコピー。
・電源オフ→CWMに入る
・Wipe Data Factory Reset
・Wipe Cache Partition
・advanced→Wipe Dalvik Cache>
・mount and strage →Format System
             →Format data
             →Format cache
・install zip from SD card→choose zip→Stock_Rooted_Deodexed_4.4.2_XZ.zip
・電源を切る。ここで再起動しないこと。

・flashtool起動→Stripped Kernelを選択→flashする
・リカバリーに入る→SuperSU Fixをインストール
・起動
終わったらGPUレンタリングONにして3,4回再起動しろと書いてあります
ちなみに私は勘違いしてstripped kernelではなくkkROM標準カーネル焼いてしまいましたが、stripped焼直したら快適に動いてくれてるので途中で起動しても問題ないみたいです()




結果

でゅるっでゅるになった。


いや、これいい。まじでいい。
ほんとにSO-02Eか?ってぐらいでゅるでゅる動きますよ。

あ、kkでの変更点とかは前回の記事見といてくださいね。

もうZ2なんかいらねってなる。
素晴らしいです。これからもZと共に生きます。本当にありがとうございました。

この記事を共有する

関連記事

このブログを購読する


この記事を書いた人

ガジェットとクルマが好きな管理人。 痛車のRX-8乗り回してます。親の新型CX-5納車待ち中。 ガジェットはXperia XZ/Z Ultra/iPad mini4/RX100M3などを持ち歩いてます。

カテゴリー

このブログを購読する



sponsored link

アーカイブ